高気圧酸素カプセル

SIGMA OVAL 「シグマ オーバル」

 

高気圧酸素カプセルのしくみ

●高気圧酸素カプセルとは

カプセル内の気圧を上昇させた状態で(平地での通常大気圧=1気圧→気圧を高める)一定時間過ごすことにより通常の呼吸で得られる酸素より多くの酸素を身体に取り込むシステムです。

●効果のしくみ

通常の大気圧は1気圧、酸素濃度は21%ですが、高気圧酸素カプセルは身体への酸素供給度を上げることにより健康促進を図ります。

通常の呼吸によって取り込まれた酸素は、赤血球中のヘモグロビンと結合して末梢組織まで運ばれます。これを【結合型酸素】と言います。
しかし、この【結合型酸素】はヘモグロビンの量より多く運ぶことは出来ず取り込まれる酸素量に限りがあります。また毛細血管は結合型酸素より細いので血管の汚れなどの体内環境要素と相まって血流が悪くなりがちです。

結合型酸素の他に血液や体液に分子のまま溶け込んで運ばれる【溶解型酸素】があります。毛細血管より小さく通りやすいサイズなのですが通常の呼吸で得られる量はほんのわずか。

この【溶解型酸素】はサイダーやコーラなどの炭酸飲料のように液体に酸素分子が溶け込んだもので「液体に溶解する気体の量は気圧に比例して増える」という(ヘンリーの法則)から、環境気圧を高めることで血液中に溶解する酸素量を増加させることができます。これは酸素吸入だけでは不可能で気圧上昇があってはじめて溶解型酸素を増やすことが出来るのです。
高気圧酸素カプセルは「気圧を上げて溶解型酸素を増やす」ことで酸素供給度を上げる仕組みです。

●細胞まで運ばれた酸素は細胞内に各100〜2000個存在する

ミトコンドリア(細胞小器官)でブドウ糖等の栄養を燃焼させATP(アデノシン三リン酸)というエネルギー物質を合成します。

ATP…生命維持活動に必須のエネルギーで心臓、内臓、筋肉を動かしたり脳などの神経伝達活動、細胞合成、ホルモン分泌、体温維持等に使われます。

どんな効果が期待できるの?

高気圧酸素カプセルで約60兆個あると言われる細胞の中に100〜2000個存在する「ミトコンドリア」に充分な酸素を供給することで人の生命活動の根源エネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)の合成が高まります。

これにより一般的には以下のような効果が期待できると言われています。
※その人の健康状態や年齢、体調などにより効果の表れ方や感じ方には個人差があります。

●疲労回復

酸素が不足するとミトコンドリア内のクエン酸回路に疲労物質である乳酸が溜まり動けなくなりますが、酸素供給が充分であれば乳酸を燃焼させてエネルギーに変えられます。

●集中力、やる気UP

脳だけで20〜25%の酸素を消費します。
脳細胞の神経伝達にはATPが必要です。
酸素が不足すると眠気や無気力感に襲われますが酸素供給が充分であれば仕事や勉強の効率が上がります。

●ダイエット

基礎代謝とは脳、心臓、呼吸器、消化器などを動かしたり、細胞の合成や体温維持などに使用されるエネルギー消費のことですが全てこのATPを使って行われます。
酸素が不足すれば基礎代謝が減り、やせにくい身体になってしまいます。

●美肌、冷え解消

皮膚は酸素が行き届きにくく、シミ、しわなど老化しやすい部位ですが【溶解型酸素】は分子が小さく末梢の毛細血管にも行き渡りますので、血行が良くなり新陳代謝も活発になり美肌効果が期待できます。
また血管拡張により冷えの解消にも効果があります。

●睡眠不足解消

酸素が脳神経細胞に充分に行き渡ることにより睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌を促す神経伝達物質(セロトニン)の合成が高まりぐっすりと眠れます。

●2日酔いの解消

肝臓の細胞には特に多くのミトコンドリアが存在します。
アルコールの分解には大量のATPを消費するため、飲酒前、飲酒後の酸素カプセルの利用は効果絶大です。

●免疫力向上

体温の維持にはATPが使われていますが、平均体温が1℃下がると免疫力は37%下がり1℃上がると60%活性化すると言われています。
またリンパ球がウィルスや細菌を殺したり、NK細胞がガン細胞を攻撃するのにも【ミトコンドリア】で作られた【活性酸素】を使います。
そのため酸素不足は免疫低下→感染症やガンのリスクが高まります。

●アンチエイジング

老化とは身体の細胞の減少と、その機能の低下をあらわします。
例えば

「脳細胞」の減少と機能低下 認知症、運動能力低下
「骨芽細胞」の減少と機能低下 骨粗鬆症
「線維芽細胞」の減少と機能低下
(コラーゲンをつくる)
皮膚のしわ、たるみ
毛母の「色素細胞」の減少と機能低下 白髪
「筋肉細胞」の減少と機能低下 運動能力低下

細胞の合成及びその各種機能はミトコンドリアで作られるATPをエネルギー源としているので酸素不足→ATP合成低下→老化促進となります。
ミトコンドリアは子供の頃をピークに年齢と共に減少の傾向にありますが充分な酸素と栄養、トレーニングによって増やすことができるので酸素カプセルによって溶解型酸素を細胞に送り込むことで若々しい身体を維持することは可能です。

●ケガの早期回復

ベッカムがワールドカップの1ヶ月前に骨折し、酸素カプセルで間に合わせたことで有名になりました。これは「骨芽細胞」や骨の原料であるコラーゲンを作り出す「線維芽細胞」のエネルギー源がATPであるためだと思われます。
元々一流のスポーツ選手は良質・大量のミトコンドリアを細胞内に持っているので酸素が充分に供給されればケガの急速な回復も可能となります

●花粉症・アトピー等のアレルギー症状低減

副腎、精巣、卵巣でのステロイドホルモン合成はミトコンドリア内酸素とコレステロールを使って行われます。
ステロイドには強力な「抗炎症作用」と共に「免疫抑制作用」があり白血球の過剰な働きを抑えます。

●コリの解消

強い運動や姿勢の悪さによる筋肉の硬直やストレスによる交感神経優位→血管収縮による血行不良

これらは筋肉細胞への酸素供給不足を招き乳酸を発生させることによりさらに筋肉の持続的収縮(コリ)を引き起こします。
それが血行不良→尿酸などの老廃物の排出不良による結晶化→痛みという悪循環を作ります。

酸素カプセルで細胞のミトコンドリアに充分な酸素を供給することで
@乳酸の燃焼
A血管拡張作用による血行改善
Bリラックス効果によるストレス解消
などが見込まれコリの解消に有効です。

●運動能力向上

充分な酸素供給のもとにトレーニングを続けるとミトコンドリアは増えさらにATP合成が高まります。
ATPは
@筋肉を動かすエネルギー源
A神経伝達物質の合成
B細胞の合成(特に筋肉や脳の細胞に多い)
など運動を行う上で必須の要素です。

しかし酸素が不足すれば疲労物質である乳酸が発生しATPの合成は止まり動けなくなりますが、酸素供給が充分であれば、その乳酸も燃やしてエネルギーに換えられます。

よくある質問

●酸素カプセルってカプセル内で酸素を吸うの?

酸素を吸うだけならば、今は殆ど無くなりましたが酸素バーなんてものがありました。
高気圧酸素カプセルはカプセル内の気圧を上げることにより通常より多くの酸素を細胞に送り込むことです。

●服は着たままで入れますか?

SIGMA酸素カプセルは冷風装置を標準装備しており服を着たままで快適にご利用ができます。

●閉所恐怖症だけど入れますか?

SIGMA酸素カプセルは入口扉が広く、圧迫感のない設計なので心配いりません。

●禁忌症状は?

@カプセル内の気圧を上げる際、飛行機の離着陸時におきる鼓膜への圧迫が起こるため耳抜きが必要ですが鼻炎等で鼻が詰まっている等稀に出来ない人がいます。

A血糖値が高い方でインシュリンを打ったばかりの方は薬が効きすぎて低血糖になる恐れがあります。

B妊娠中の方や心臓に持病のある方はご遠慮頂いております。